IT・特許の翻訳、技術翻訳学校、翻訳・通訳人材派遣のエイブス

subtitle02
HOME > 技術翻訳スクール > 翻訳一般 Q&A > 具体的な翻訳方法

翻訳一般 Q&ASCHOOL

具体的な翻訳方法

読みやすい日本語に書くことと、原文に忠実に訳すことの間で板挟みを感じます。どの程度意訳してよいでしょうか?

 
技術翻訳は文芸翻訳と異なり、まず第一に正確さが求められます。訳抜けは大きなマイナスになりますから、まずは原文に忠実に訳してから冗長な言葉を取っていきます。また、同じ言葉でも、もっと簡潔な表現にできないか考えるようにすると良いでしょう。
 

外国人の人名などの固有名詞の表記はどうすればいいでしょうか?

 
カタカナ表記が原則です。プロは人名辞典で調べるべきでしょう。例えば、アインシュタインは、このままでいいのですが、一般人の場合は、ジョン スミス(John Smith)とカッコで英語名を入れておくと無難です。表記についてクライアントから指示がある場合は、必ずそれに従って下さい。
 

文のあとにカッコやハイフンでつながった文の訳し方に困りました。

 
カッコの部分は、原文通りカッコでくくりますが、ハイフンは本文に入れてもかまいません。
 

 ▲翻訳一般の目次へ戻る