IT・特許の翻訳、技術翻訳学校、翻訳・通訳人材派遣のエイブス

subtitle02
HOME > 技術翻訳スクール > 翻訳一般 Q&A > 特許翻訳について

翻訳一般 Q&ASCHOOL

特許翻訳について  

「特許翻訳」とはどういう仕事ですか?

 

英文和訳と和文英訳の両方があります。
 
英文和訳
主に米国およびEUで登録された特許が対象です。和訳の中でも全文和訳と抄訳、あるいは「概要」の和訳、または「概要」と「特許請求の範囲」の和訳を依頼される場合があります。
■通信講座【特許コース】英和
■通学講座【特許英和コース】
 
和文英訳
日本語で書かれた特許出願書を英語に訳すというものです。英文和訳の依頼のように一部分を訳すというのではなく、全文を訳します。疋田校長の経験によれば、自分が翻訳した特許が米国の訴訟に巻き込まれた場合は裁判に必要な様々な書類の英訳も依頼されることがあります。この場合ある程度の法律知識や日本・米国の訴訟に関する知識等も必要です。
■通信講座【特許コース】和英
■通学講座【特許和英コース】
 
翻訳分野
電気・電子、通信、半導体、機器などの分野が多いのですが、物理、化学、機械、電気など、1つの特許で学際的に複数の分野にまたがった知識が要求される場合が多いようです。その意味で当校の通信講座「技術コース・英和」は、幅広い技術知識を得るためには絶好のコースでしょう。
 

特許翻訳のスキルがあると、どのようなところに就職できますか?

 

4つのケースがあります。特許事務所に就職、翻訳会社に就職、フリーランスの翻訳者、メーカーの特許部などです。いずれも会社のトライアルに合格しなければなりません。メーカの特許部へ就職するケースは多くはないですが、派遣社員として勤務するケースはあります。
 

文系出身です。これまで翻訳の実務経験や学習経験はありません。このような私でも特許翻訳者になれるプロセスを教えてください。

 

どんな分野にも共通することですが、技術翻訳には「英語力」「内容理解」「日本語力」の3つが必要です。特許文書を翻訳する場合、最も重要なのは対象物の技術内容を理解することです。しかしながらこの対象物には最先端の技術が使用されているので、技術知識のない方には難しく映るようです。

しかし先端技術といっても、その基礎になっているのは高校レベルの物理化学の知識です。まずこうした基礎を固めてから徐々にレベルを上げていくのがよいでしょう。 

まずは通信講座の「入門・技術翻訳英和」あるいは「技術コース・英和」に入学してください。修了した時点でトライアルを受けるか、勉強が不足していると判断したら「特許コース」を受講してください。和英を勉強するのは、その後のほうが効率がいいです。しかし、他校での学習経験がある方は、直接「技術コース・和英」から入ってもいいでしょう。

 

特許の和文英訳をやりたいのですが。

 

通学の「特許和英コース」「特許プロコース」と通信の「特許コース・和英」で特許の英訳演習を行っています。特許の英訳も和訳も技術知識が要求されますので、技術知識の習得も不可欠です。
 
■文科系出身の方
まずは通信講座の「入門・技術翻訳英和」あるいは「技術コース・英和」に入学してください。ここで浅くとも広範な技術知識を身に付けることができます。和英の勉強は、この後のほうが効率がいいでしょう。
よく他の学校で、特許コースのみで教えているところがありますが、感心しません。特許文を訳す練習をしても、知識の吸収がなければ意味がありません。特許文の構文が難しいという人もいますが、慣れればどうってことありません。技術的にある程度理解できなければ、お話になりません。売れる文章は書けないのです。
 
■技術系出身の方
技術は理解できるが英語がいまいちの方は多いですね。こういう人もまずは通信講座の「入門・技術翻訳英和」あるいは「技術コース・英和」から始めることをお勧めします。ここで英語のリズムを学んでください。いくら技術がわかっても翻訳者ですから英語に堪能にならなければ売れる訳文にはなりません。
つまり、文科系も技術系も同じ道をたどる必要があるということです。ただし、個人差がありますので、入門から始めるか、もっと上のクラスにするか等、スタートはいろいろです。

■通信講座【特許コース】英和
■通学講座【特許英和コース】

 

 ▲翻訳一般の目次へ戻る