IT・特許の翻訳、技術翻訳学校、翻訳・通訳人財派遣のエイブス

subtitle02
HOME > 技術翻訳スクール > 受講コース > 特許和英 翻訳実践道場
特許和英 翻訳実践道場 SCHOOL

ついに疋田道場を開講しました!

– こういうあなた、特許分野の翻訳者として通用していないのだ –

■こんな方の受講をお待ちしています

翻訳会社のトライアルにも挑戦したが、不合格になった。
トライアルには受かったが、しかし翻訳の依頼は殆どない。

■この講座で、あなたは変わります

この道場では、あながた自覚していない「弱み」を洗い出し、「強み」へと変えていきます。

■講座概要

知的財産分野における和文英訳の職業翻訳者として認定されるレベルへと導きます。

◆講習内容
 知財法務実務はすでに理解されているとみなし、講義はしません。
 
 以下の分野について、特許明細書の翻訳力を養います。
  (1)電気・電子工学
  (2)機械工学
  (3)化学

◆教材
 翻訳現場で実際に翻訳された材料を使用します。

◆授業の進め方
 ①指定された和文の特許申請書を自宅で英訳する
 ②講師の疋田が受講生の翻訳の添削・評価をする

◆評価の対象事項
 ①強みの洗い出し
 ②弱みの洗い出し
 各項目の評価は点数付けとする(フレーズ単位での減点主義)
 この強みと弱み、点数は参加者全員が共有し、参加者全員がプロとして認定されることを目指す

translation_img02

translation_img02

お一人お一人が自覚していない「もう一歩の食い足りなさ」の正体を見つけ、そして強みへと変えていきます。

■講師からのメッセージ

今なぜ特許翻訳者の実践道場を開講するのか。
現在、特許翻訳者の数が足りないからなのです。

いろいろご事情はあるでしょうが通ってきてください。
授業を通して、“翻訳”のどこにこだわるのか、何を大事にするのかを知って欲しいのです。

講座を通して翻訳力が付いたと認定されたあなたには、必ずエイブスが特許分野の和文英訳業務を依頼いたします。最初の2ヶ月位で投資した受講料は回収できるでしょう。

担当講師:疋田 正俊 校長

 

chiefinstructorg_j.jpg

講師プロフィール

早稲田大学大学院、応用物理卒。古河電工で先端技術、新製品開発などを担当した後、技術部長、製造部長、営業部長、工場長などを歴任。
欧米出張20数年に及び、国際ビジネスに精通。1985年度電気化学協会棚橋賞受賞。2000年1月よりエイブス技術翻訳スクールの設立から参加。現在、同スクールの校長を務める。
中国の延辺大学非常勤講師。楽しくわかりやすい講義&解説が評判。

■入校手続き

受講を望まれる方がこの講座を受講するレベルにあるかどうかの確認のために、面談をさせていただきます。

この講座にお申込みされた後、ご来校の日程を調整致します。

面談予定日時:水曜日(11:00~12:00、15:00~17:00)
       土曜日(12:00~13:00、15:00~17:00)

■講座開催情報

・3ヵ月(全12回)

・毎週土曜日 13:00-14:30
 6/1、6/15、6/22、6/29、7/6、7/13、7/20、7/27、8/3、8/10、8/24、8/31

・定員4名(最小催行人数1名)

・エイブス技術翻訳スクール (株式会社エイブス内)
〒154-0012 世田谷区駒沢2-12-3 大幸ビル6F
TEL 03-5431-6371
E-mail school@abes.co.jp【アクセスMAP

■受講料

税込120,000円
※入学金無料・教材は受講料に含まれています

■お支払い方法

銀行振込(振込手数料はご負担ください)
みずほ銀行 青山支店(211)
番号:普通2628840
名義:エイブスギジュツホンヤクスクール

■カウンセリング

技術翻訳の実務経験があるが、このコースを受講するかどうか迷っている。
翻訳者になったが、仕事が来ない。
・・・など、お気軽にどうぞ。

◆時間 土曜日(12:00~13:00、15:00~16:00)の間、30分程度実施します。

当日のカウンセリングのお申し出はスケジュールによりお受け出来ないことがございます。
事前のご予約をお願いいたします。

【お申込み、詳細はこちらをご覧ください】

▲技術翻訳スクールトップへ戻る