◎通信講座 受講の前に | IT・特許の翻訳、技術翻訳学校、人材派遣 | 株式会社エイブス


IT・特許の翻訳、技術翻訳学校、翻訳・通訳人材派遣のエイブス

subtitle02
HOME > 技術翻訳スクール > 受講コース > ◎通信講座 受講の前に

通信講座 受講の前にSCHOOL

受講の流れ

tushin_flow3.png

 

教材

 

(1)教材の送付

教材は受講料のご入金を確認後にPDF形式でお送りします。

 

(2)教材の構成

教材は基本的に「テキスト」「翻訳キーワード」「技術解説」「添削課題」で構成されていますが、一部構成が異なるコースもあります。
各コースとも第1課と第2課をウェブサイト公開しています。⇒添削例と教材を見る

 

テキスト:テキストの内容をご自分で訳してみてください。(テキスト/添削課題に分かれていないコースもあります)

 

翻訳キーワード:技術翻訳の現場で頻繁に用いられたり、知っておくと役立つ単語、語法です。技術翻訳独特の言い回し、訳し方を覚えましょう。

 

技術解説:その課で扱う技術内容を、分かりやすく説明しています。

 

添削課題:添削の対象は、下線部の課題部分のみまたは全文です(各課に指示があります)。
課題を翻訳する際、特に以下の点に注意し、訳文を作成してください。

 

1. 正確であること
原文に対して技術内容の日本語表現(和英の場合は英語表現)が正確な訳文を作成してください。訳抜け、乱字、誤字は減点の対象となります。ご注意ください。

 

2. 簡潔で、わかりやすい訳文を作る
文学的美文である必要はありません。常に読み手を意識し、読み手にとってわかりやすい訳文を作成してください。 

直訳とも意訳とも異なる“翻訳”のコツを体得して頂くことが目的です。

 

 

 

課題提出と添削返却

 

(1) 課題の提出方法

■Eメールによる提出
・訳文を以下の形式で作成し、school@abes.co.jpまでお送りください。

 

使用環境
・PCはWindows、Macintoshのどちらでも構いません。
・添削にはMS Wordを使用いたします。これ以外のワープロソフトをお使いの方は、ご連絡下さい。

 

課題提出方法

・MS-Word で作成した課題の回答を Eメールに添付しお送りください。
・1課につき、1つのファイルを作成し、提出してください。
・メールの件名は、「通信××コース××級第×課添削課題_氏名」としてください。
 例)ソフトウェアコース英和 初級第12課添削課題_疋田正俊」

・課題の解答には、受講者名、受講番号、提出課題の詳細、提出日を下記のフォーマットに従って記入してください。
・課題の解答は、段落の終わりや、文中に式や図の表題を挿入する場合のみ、Enterキーを押して改行してください。
・用紙サイズは、A4に設定して下さい。 

 

img_tushin_kadai_rei.png

 

(2)添削

MS-Wordで、取り消し線や吹き出し等を使って添削します。

 

(3)質問・コメント

学習方法、近況報告、テキストの内容についての質問等、何でも結構です。
ご質問にはできる限りお答えします。質問・コメントは1回の課題提出時に限り2つまでとします。

 

(4)添削課題の返却

・提出された課題は1週間から10日後にに添付してご返却します。

 

(5)訳例の送付

添削課題返却時に、訳例(全訳)をお送りします。学習効果を上げるため必ず復習してください。
課題のご提出がない課の訳例はお送りしておりません。

 

(6)評価

・ABCDEの5段階評価です。
・内容を理解しているか、正確で分かりやすく、正しい日本語(和英コースの場合、英語)か、売れるかどうかなどが採点の基準となります。
・おおよそ下記の様な基準で評価付けをしていますので、参考にしてください。

特A:当校の訳例をうわまわる出来栄え(ずばりこのまま売れるレベル)。
A:当校訳例並み。実力は高い。あるいは、一部専門用語等に問題あり。少し手を加えればウレル!
B:訳出、日本語(和英コースの場合、英語)での言い回しに一部難があり、意味が通っていない。英文読解はほぼよし。(80%の出来)
C:原文の読解に誤りがある。(60%の出来)
D:訳が原文から離れていたり、飛躍がある。あるいは訳抜けが頻繁にあると評価がこのレベルまで下がる。
E:原文の理解が全くされていない。

返却されたものを復習してから、次の課に取り組んでください。

 

受講の修了

(1)受講期限

・受講期限は6ヶ月~1年です(コースにより異なります)。
・通信講座の「受講開始日」は、教材の発送日です。
・各種制度(会社の補助制度など)をご利用の場合、受講期限が変更になる場合があります。

 

(2)修了証の発行

・修了者には修了証明書をお送りします(希望者のみ・無料)。
・社員の自己啓発に対して会社が補助金を出すような場合や申請のため修了証が必要な時は、お気軽にお申し付けください。その他必要書類につきましても、対応させていただきます。

 

修了の条件:
・課題提出率80%以上で、且つ、評価がB以上の場合に講座を修了したと認めます
・課題提出に代えて筆記試験を実施した場合は80点以上が必要です。
・通学講座は2/3以上の出席も修了認定の条件となります。

 

(3)進級

・ウェブサイトの受講申込フォームよりお申込みください。
・どのコースに進級したら良いか迷っている方は、課題提出時にメールにお書き添えください。専任講師より進級のアドバイスをさせていただきます。

 

(4)受講期限の延長

・受講期限の延長を希望される場合、school@abes.co.jpまでご連絡ください。
・延長料金は1課につき税込2,000円です。
・延長期間は残課数にかかわらず、受講開始時にお送りする書類に明記された受講期限から6ヶ月です。
・受講期限を大幅に過ぎてからの延長申請はできません。
・各種制度をご利用の場合には、延長できない場合があります。

 

受講生専用

 

スクールのサイトにある「受講生専用Q&Aページ」は、いつでも質問を送ることができ、講師からの回答を見ることができるシステムです。 他の受講生が投稿した質問について、さらに質問をしてもかまいません。あたかも教室で一緒に勉強しているような空間にしたいと思っています。受講生の皆さんがお互いに役立つようなご質問をお待ちしています。

 

(1)アクセス方法

1. 受講生専用Q&Aページ → http://www.abes.co.jp/school/studentonly/
2. コース一覧にある、現在受講中の講座を選択(クリック)してください。
3. はじめにお送りするオリエンテーションシートに記載のユーザ名とパスワードをご使用ください。ユーザ名とパスワードは、講座ごとに異なります。
4. 受講中の全ての課のQ&Aを見ることができます。
5. ユーザ名とパスワードの期限はございません。受講が修了しても、引き続き質問を受け付けます。

 

(2)質問の送り方

・Eメールに、コース名・課名・個人ID・氏名を記入し、質問をschool@abes.co.jp迄お送りください。
・頂いたご質問については、まずEメールでご本人に回答をお送りしたあと、内容によりQ&Aページに転載する場合もございます

 

(3)課題提出時の質問について

・まだ提出していない課題への質問は、課題提出時にご記入ください。(1課につき2つまで)。
・お送りいただいた質問と回答は、受講生専用Q&Aページに転載する場合もございますので、あらかじめご了承下さい。
・質問を送った方のお名前、受講番号等は一切公表致しません。

 

(4)ご使用上の注意

1.ユーザ名とパスワードには、英数半角、大文字小文字の区別があります。
2.他人へのパスワードの貸与はご遠慮ください
3.質問を下さった方の氏名は一切公表いたしません。
4.まだ提出していない課題への質問は受け付けません。
5.以下の様な場合は掲載できません。
 ・すでに同じような内容の質問が掲載されている場合
 ・課題の内容とかけ離れている場合
 ・誹謗、中傷
 ・その他、当校が不適切と判断した場合。
6.内容を無断で転載することを禁止します
7.更新、改善などのため、受講生への予告なしに、休止、中止されることがあります。

 

 

通信講座の解約について

受講をキャンセルなさりたい場合は、ご連絡の上、教材到着後8日以内に教材をご返送ください
・教材の返送料は受講希望者負担とさせていただきます。
・教材到着日より8日を経過しての受講希望者ご本人の都合によるキャンセルはお受けできません。
 
レベルが合わない(易しい/難しい)場合、受講講座の変更ができます 。いずれの場合も手数料はかかりません。お気軽にお問い合わせください。
 
 

▲技術翻訳スクールトップへ戻る