IT・特許の翻訳、技術翻訳学校、翻訳・通訳人材派遣のエイブス

subtitle02
HOME > 技術翻訳スクール > 受講コース > ◆海外受講について

◆海外受講についてSCHOOL

 

海外にお住まいのみなさんへ


海外受講について海外留学中の方、海外赴任の方、ご家族の転勤で海外に住んでいる皆さん、 帰国後の日本での仕事に備えて、技術翻訳を勉強してみませんか?

当スクールでは、添削課題の受け取り・返却にEメールを使っています。従って海外にお住まいの方でも、日本国内と全く同じ様に通信講座を受講することができます。

 

 

 

受講料のお支払い

お支払い方法は、クレジットカード・銀行振込みからご選択いただけます。

 

<クレジットカード>

受講申込フォームから、「クレジットカード」を選択してください。

<お振込先>
みずほ銀行:MIZUHO BANK, LTD.
みずほ銀行 SWIFT CODE:MHCBJPJT ※2013年7月1日より
支店名:AOYAMA BRANCH
支店番号、口座番号:211-2628840
※アジア圏の銀行ではRouting Number の代わりにSWIFT CODEが使われます
 
<お振込手数料>
海外からの送金の場合、みずほ銀行の「円為替取扱手数料」はお振込金額500万円未満では、一律2,500円です。 さらに2011年1月17日より「被仕向送金手数料」1,500円がかかりますので、受講料に4,000円をプラスしてお振込みください。
尚、送金の際はご利用される銀行がみずほ銀行とコルレス契約(Correspondence Arrangement)を交わしているかどうかご確認下さい。契約がない場合、日本での為替手数料が二重に発生することがあります。
 
<その他>
海外在住の方は、受講料に消費税(8%)をお支払いただく必要はございません。
受講料は、日本国内のご家族、ご親戚、ご友人などを通じて国内の口座からお振込頂く事が可能です。
お振込名義と受講氏名が異なる場合は、受講申込フォームのお問い合わせ内容欄にその旨をご記入ください。

 

受講方法

<教材の送付>

教材はPDF形式です。Eメールに添付してお送り致します。

 
<添削課題のやりとり>
課題はEメールに添付してご提出下さい。
添削課題は、MS Wordで添削したのち、Eメールに添付してご返却します。
◎通信講座 受講の前に

 
 

▲技術翻訳スクールトップへ戻る